KUROZOME Rewear

京都紋付×ゴー!ゴー!古着
着られなくなった大切な服。
黒に染めてもう一度着ませんか?
大切な服も、ちょっとの汚れや色落ちで、
すぐに着られなくなってしまう…。
そのまま捨ててしまうのは、とてももったいないことです。
「黒に染めれば、服は生まれ変われる。」
100年以上「黒染だけ」を追求してきた、
京都紋付だからできることがあります。
よりサスティナブルな社会のために。
お気に入りの一着をずっと大切にするために。
「黒染」によるリウェアという選択肢を届けます。

黒染めへのこだわり

京都紋付

京都紋付_黒染め_OLDFLIP
京都紋付は、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを約100年間染め続けてまいりました。
創業当時、すべて手作業で行われていた染めの技術を時代と共に作業性を変化させ今に受け継いでおります。
黒をより一層深みのある黒へ。 最終行程では今も一つ一つが職人の手で加工され、厳しい目で確かめられています。 黒しか染めない職人の技をお確かめください。

深黒-SHINKURO-

深黒加工とは

弊社では、黒をより一層黒くする深黒加工という独自の染色技法を開発し、その技を磨いてきました。 これは一旦黒染加工を施した後、天日干しで一点一点乾かし、さらに深黒加工を行い、 もう一度天日干しすることによって、黒さをより一層際立たせるものです。

この深黒加工は、光を吸収して黒く見せる当社独自の技術です。深黒加工は、黒色だけに作用して、 ほかの色には作用しません。この技術を用いて洋装界において他の追随を許さない 究極の黒を実現しています。 

Before / After

通常の黒染めを行った後に天日干し。
さらに一点一点手作業で 独自の「深黒加工」を行い、「世界でも類を見ない黒」に染め上げます。
この黒は、洗濯をしても色落ちすることはありません。

長年愛用した衣類が、新品の時のようなソフトな風合いに蘇ります。
また、撥水効果が加わり水分汚れに安心です。
BA_04_b
BA_04_a
BA_03_b
BA_03_a
BA_02_b
BA_02_a
BA_01_b
BA_01_a

黒染めサービスご利用の流れ

京都紋付×ゴー!ゴー!古着_仮申し込み
仮申し込み
サイト上からお申込みいただきます。
お申し込み後、衣装をご送付ください。
京都紋付×ゴー!ゴー!古着_お客様から衣類発送
お客様から衣類発送
発送いただく衣類とともにお申し込み受付番号・お名前をご記入いただいたメモを同封ください。
京都紋付×ゴー!ゴー!古着_検品・本申し込み
検品・本申し込み
商品の到着後、染色に問題がある場合のみご連絡させて頂きます。問題なければ納品までお待ちくださいませ。
京都紋付×ゴー!ゴー!古着_染替え
染替え
染替え期間は本申し込み完了後、約1カ月程度いただいております。
京都紋付×ゴー!ゴー!古着_Kから衣類発送
Kから衣類発送
染替え完了後、衣類を発送いたします。管理・誤配送防止用のタグが付いております。外してからご着用ください。

注意いただきたい素材

染色可能素材
・綿・麻・ウール・シルク・レーヨン・キュプラ・(シルク、ウールは別途料金になります)
 ※染色によって収縮が発生します。(特にレーヨン・ウール・キュプラ)

要注意染色可能商品
・混紡で化学繊維が高混率のもの(黒く染まらない可能性があります、化学繊維が50%以上の商品は断ってください。)
・レーヨン・キュプラ混のもの(染まりますが、収縮の可能性あり)
・表面に樹脂加工が施されてる商品(ムラに染まる可能性があります)
・シルクのスーツ、ジャケット、コート(収縮などを説明して、成行き承知であれば受付)
染色不可商品
・化学繊維50%以上の衣料(ポリエステル・ナイロン・アクリルなど)
・取外し不可のレザー、毛皮の付属品が付いている衣料
・アクリル・ケプラー・ダウンなど羽毛を使用した衣料
・ボンディング生地、またはボンディング生地を使用した衣料
・ダウン系を使用した衣類
・アセテート系を使用した衣類

その他注意点

生地について
●高温で染色する為、素材によっては縮みや傷みが生じる場合があります。
●生地が弱っている場合、破けたり穴があいたりする可能性があります。
●ダメージ加工などの加工が施されているデニムパンツ等はそこがさらに傷んだり、糸が染まってしまう事があります。
●形態安定などの加工や撥水加工が施されている衣類は、むらにあがったり、黒く染まらず変色する可能性があります。
●高温で染色する為、素材によっては縮みや傷みが生じる場合があります。
●生地が弱っている場合、破けたり穴があいたりする可能性があります。
●ダメージ加工などの加工が施されているデニムパンツ等はそこがさらに傷んだり、糸が染まってしまう事があります。
●形態安定などの加工や撥水加工が施されている衣類は、むらにあがったり、黒く染まらず変色する可能性があります。
縫製糸について
●縫製糸や刺繍糸はポリエステルが使用されている場合が多く、その部分は元色のまま残ります。
例えば、元色が白の衣類でそれを黒に染めた場合、縫製糸がポリステルだと黒の服に縫製糸が白いステッチとして残ります。
●縫製糸がほつれたり、金糸、銀糸が変色する可能性があります。
色むらについて
●色が部分的に褪せている場合、染色可能商品に関してはほぼ問題なく染まりますが、混紡、交織の場合色むらが発生する場合があります。
●混紡、交織のものはその混率によって色むらが出る可能性があります。
●目には見えない油や汚れが付着していると、そこだけ染まらずむらになる可能性があります。
付属品・タブについて
●ジーンズなどについている革パッチは、染替えの際の高温処理により縮み傷んでしまいます。中には、革ではなく紙製のものもございますが、この場合も傷みが生じますので、取外しをお願いしています。
●ボタンが外れかかっているものや、弱っているものは、外れたり破損する恐れがあります。木のボタンだと着色する恐れがあります。
●ブランドを示す織りネームや品質表示や洗濯についての注意書きのネームは、その素材によって染まる場合と染まらない場合があります。
●ラインストーンやビジュー、ワッペンなどの付属品は外れる可能性があります。
●品質表示や洗濯表示がなくなっているもの、また文字が消えてしまっているものはお受けできかねます。ご了承くださいませ。
●デニムパンツなどについている革パッチは、高温処理により縮み堅くなってしまいますので、取り外して縫い直す必要があります。
※有料1000円(税別)~
型崩れについて
●新品・新品同様の衣類に関しては、染替え時には高温の中でかき回しながら行いますので衣類の風合いを損ねる場合があります。
●裏付きや肩パット、裄綿、芯地のついているものは、型崩れする恐れがあります。基本的には染替えをご遠慮させていただいております。
縮みについて
●洗濯表示にドライマークのあるものは、収縮してしまう恐れがあります。
●製品の素材や縫製仕様により、染替時に縮む恐れがあります。
※染め直しは高温処理のため、生地傷み・縮み、染め後の色落ち、縫いの引きつれ、付属品の腐食・劣化、など様々な障害が発生する危険性があります。当社では、そのような障害が発生した際の責任を負いかねますので、上記注意点をご理解ご納得の上でご依頼いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。